カッティングシート・フルカラーステッカーの専門店 カッティングシートを切り抜き、ステッカーの制作を致します!プリントステッカーは屋外での使用が可能です。
無料お見積り ご注文/お見積のご依頼フォーム

カッティングシート(切り文字ステッカー)Q & A

  1. ステッカー屋 HOME
  2. カッティングシート(切り文字ステッカー)Q & A

カッティングシートの仕様について

Q. カッティングシートのステッカーとは文字(絵柄・デザイン)だけが残るステッカーですか?
A. はい、そうです。文字(絵柄・デザイン)だけ残り、それ以外の関係ない部分は一切残りません。 カッティングシートによるステッカー制作行程を見て頂けると、どの様なステッカーなのか、よりご理解頂けると思います。
Q. 制作サイズに制限がありますか?
A. 最大45cm×2mです。カッティングシートの種類によって異なりますので、各カッティングシートの価格表をご覧になって確かめて下さい。また各々の最大サイズ以上の物についてはお問合せ下さい。 最小サイズは一文字が5mm~20mm程度です。書体でいうと明朝体や筆記体など、線が細い物程、最小値が大きくなります。出来るだけ小さい物を作りたい場合は、少し線の太い書体をお選び下さい。(極端に線の太い書体も小さい物が苦手です)
Q. 複数の色を使ったカッティングステッカーを作りたいのですが?
A. どの部分に何の色を適用するかを明記して送って頂ければ、お見積させて頂きます。
Q. グラデーションやぼかし等はできますか?
A. 印刷を施す訳ではありませんので出来ません。カッティングシートによるステッカー制作行程をご覧になってカッティングシートの特性をご理解ください。
Q. 透明の保護シートは付いていますか?
A. 付いておりません。一般にラミネートフィルムと言われる保護シートは印刷を施した場合に使用されます。カッティングシートの場合、この保護シートがなくても充分な耐久性がございます。
Q. 転写用フィルムは付いていますか?
A. もちろん付いております。転写用フィルム(アプリケーションフィルム)はカッティングシートを貼るには必須の素材です。納品時にはすでに貼付けてありますので、あとは下紙から剥がしてお好きな場所へ貼って頂くだけとなっております。

カッティングシートのデザインについて

Q. 文字列を2段にしたいです。文字内容を複数行に分ける事ができますか?
A. 可能です。ただし、
『一行目』ステッカー屋
『二行目』ステッカー屋
の様に、同じ内容の文字列を二行にはできません。

各オーダーフォームの文字の指定欄に、
『一行目』カッティングステッカー専門店
『二行目』ステッカー屋
と言うように明記して下さい。
Q. 自分でデザインした物も作ってもらえますか?
A. もちろん承っております。ご入稿の詳しくはお客様指定デザイン「カッティングシート編」をご覧下さい。
Q. ブランド品のロゴなどは制作できますか?
A. 著作権や商標権などに依ります。詳しくはお客様指定デザイン「カッティングシート編」の商標登録されているロゴ・マーク等についてのお断りをご覧下さい。
Q. まだデザインが決まっていません。オリジナルデザインやロゴマークの考案はして頂けるのでしょうか?
A. はい、可能です。詳細はお問い合わせ下さい。
Q. 『~』の様なステッカーを作りたいのですが、手元に資料がありません。資料等の収集をして頂けますか?
A. 中には既存のデータを使用できる場合もありますが、資料、原稿等はお客様にご用意頂いております。基本的に当ショップでは関知できませんので、ご了承下さいませ。
Q. 2種類の書体を使って(例えば欧文と和文の組合せ)制作することは可能ですか?
A. はい。可能です。どの文字になんの書体を使うかをご指示下さい。また欧文と和文が混ざっている場合、どちらの(欧文専用、和文専用)フォームからお送り頂いても大丈夫です。ただし備考欄に必ず使用する書体をお書き入れ下さい。

カッティングシートのデータについて

Q. インターネットでダウンロードしたフォントなどを利用できますか?
A. お客様がそのフォントを使用できる環境であれば可能だと思います。 基本的に入稿頂くファイルは、お客様指定デザイン「カッティングシート編」の形式になっております。 もしフォントファイル自体をお送り頂く場合は、ダウンロードしたサイトの注意事項などを読み、著作権などを侵害しない範囲でしてください。万一著作権等で問題が発生した場合、当社での責任は一切負いかねます。
Q. 製作したデータファイルまたはフォントファイルを頂くことはできますか?
A. ご注文を頂く前に確認の為、出来上がりを想定した画像をファックスやGIFファイルでお送りすることがありますが、それ以外のファイルをお渡しすることは出来ません。
Q. 以前に制作したデータは残っていますか?
A. 制作に至った物のデータは基本的に保管しておりますが、3MBを越えるデータにつきましては保管対象外とさせて頂きます。 ※取り置きを保証するものではありません。データ保全には十分気を付けておりますが、万一消失した場合はご容赦下さいませ。

カッティングシートの耐久性について

Q. 水に濡れたりしても大丈夫でしょうか?
A. すべて屋外耐候性のカッティングシートを使用しております。屋外用なので当然雨風の中で使用する事を考慮して作られた物です、基本的には問題ないと思います。ただ常に水に浸っているなど、通常より酷な環境で使用されている場合は、表示してる耐候年数より劣化が早くなる可能性があります。(耐候年数は保証されているものではありません)
Q. 海水やスノーボードでの使用は問題ないでしょうか?
A. スノーボードやサーフィンの用途で実際に多数ご利用頂いております。
またシートメーカーにも問い合わせてみたところ、『まず時間が経ってしっかりくっついていれば、剥がれてしまうことはあまり無いと思います、ただやはりこういった酷な状況の使用では色褪せなどの現象が通常よりもはやくに起きる事があり得ます。』との事でした。恐らくこれは何処に問い合わせてもほとんど同じ回答が返ってくるのでは無いかと思います。制作者側から言わせて頂きますと、そういった耐久性が劣る事はやはり外せませんが、それでも実際にペイントを施したりするよりは遥かに気軽に、コストもかけずにやりたい事を実現できると思いますので、そういった見方をすればマーキングフィルムを用いたステッカーは大変現実的な選択であると思います。 他、注意点としてはあまり細かく無いものをお勧めします。粘着面が広くなるように太めの線の書体選びやデザインなどにすると、より剥がれの可能性を低くする事ができると思います。
Q. 車のガラスにある熱線に貼っても大丈夫でしょうか?
A. 耐熱性のあるカッティングシートを扱っておりますので、熱に対しては問題ないかと思います。実際一部のシートメーカーに問い合わせましたが、『耐熱試験は行っており、車の熱線程度なら問題ないでしょう』と回答を得ました。問題はステッカーを剥がすときに熱線を痛めてしまうかもしれないと言うことです。ですので、熱線のない側へステッカーを貼り付けてください。
Q. カッティングシートの切り売りはしてますか?(材料の切り売りついて)
A. 現在販売を行っておりませんのでご了承ください。
ページトップ